MENU

キャバ嬢でも赤ちゃんが喋らないことに悩んでます

育児の悩みの中で実は結構大変な思いをすることに、子どもの言葉の発達が挙げられます。

 

お母さん同士の会話でも、同じくらいの月齢の子がいると、今の時点で話せる単語は何かなどが会話の中心になることもあるでしょう。

 

他の子の方が言葉数が多いと、わが子には発達の遅れがあるのではないか、どこか問題があったりするのではと考えてしまうお母さんも多いようです。

 

子どもの言葉の初期段階は、赤ちゃんしか話さない喃語というものから発していきます。

 

喃語は言葉自体に意味はなく、「バブバブ」などの言葉や「クー」という喉の奥の方で鳴る音が該当します。

 

次の段階では、簡単なワンワンやブーブーなどといった言葉を解するようになります。
1歳半~2歳に達すると、発達のスピードが速い子は二語文を話すようになります。

 

しかしながら、それらの様子は平均的なものでしかありません。

 

自分で会話をはじめるケースはなくても、母親の話す言葉の意味は理解して聞いているようです。

 

多くの言葉を耳にして、様々な言葉を蓄積してから急に話すようになる子もいます。
言葉が発達する段階も、子供によってかなりの違いがあります。

 

よその子と比べて遅い早いと喜んだり焦ったりすることは、あまり意味がありません。

 

お母さんが精神的に参っている状態で育児をしていると、子供も敏感にお母さんの気持ちを察してしまい、育児に悪影響を与えることになりかねません。

 

ただし、安心できない言葉の遅れも可能性としては有り得ます。
聴力に問題があったり、トラブルが生じている場合もまったくないわけではありません。

 

子どもの言葉の成長度合いについて少しでも不安があるのなら、小児科や保健センターへ相談しに行ってアドバイスをお願いしましょう。

 

このページの先頭へ