MENU

キャバ嬢でも授乳で悩んでます

育児をはじめて間もないお母さんになりたての人にとって、授乳をするのが最も大変なことです。

 

子供にとっても人生初の授乳となるので、初めは上手くいかずに苦労します。

 

赤ちゃんの口にお母さんの乳首を大きく含ませると説明されても、慣れていないと簡単にはできません。

 

またさらにおっぱいは、出産を終えていても即効で出るようになるものではありません。

 

母乳で子供を育てたいと考えていても、思うようにおっぱいが出ないという悩みはよく聞きます。

 

そのような悩みを抱えていることがおっぱいがきちんと出なくなる一因とされています。

 

一生懸命育児をしようと力が入りすぎていると、悩むことで蓄積したストレスが体を疲れさせてしまいます。

 

適量の母乳を出すためには、母親が心身ともに健やかであることが一番です。

 

おっぱいで育てていくためには、乳腺マッサージで刺激して乳腺を開放して、忙しい合間をぬって、体を休める時間を作ることが重要です。

 

しかし母乳ケアを全て取り入れたとしても、思うように出ないこともあるでしょう。

 

赤ちゃんを産んだ病院で指示を仰いで専門のスタッフに母乳マッサージをしてもらうのも、おっぱいの出を良くする効果があります。

 

それでも、母乳の出にこだわりすぎて悲しんでいても良いことはありません。

 

おっぱいをあげることだけがお母さんの仕事ではなく、沐浴やオムツ替え、赤ちゃんの遊び相手になるなど、昼夜を問わず多忙を極めます。

 

一生懸命ケアに励んでみたけれどおっぱいの出が悪いときには、無理せずミルクを利用した方がいいかもしれません。

 

気持ちに余裕が生まれるように休養もしながら、育児に取り組んだ方が赤ちゃんは幸せではないでしょうか。

 

このページの先頭へ